ついなのですが、睦まじい人の思わぬ笑いにつられてしまうことがあります。

昔、何かの法事に参加したことがありました。いとこの夫人って隣り併せで太い座布団に座っていました。おもむろにお経をよむお坊さんの意見が響いてきました。わたくしはそれが可笑しくて、笑いがこみ上げてきました。それが横のいとこの夫人に伝わりました。そうして二人で意見を上げて笑ったのでした。叱られて離脱させられました。大人になってもそういうことがありました。何かの合宿で寺院に行った歳月でした。ちっちゃな寺院でした。一礼代わりに弊社一門はうすっぺらな経典を方法に「少ないし読んでいこう」って徐々に読み始めたのです。数ウェブサイトもありませんでしたが途中で誰かの意見が上ずって、誰かがそれを笑って、その笑いがそこにいた5第三者みんなに伝わってしまいました。笑いをこらえるのが苦しくて、オモシロ意見になり、それがまた可笑しくて誰かが微笑み、原則とっくに辞めように関してになってその場を後にしたのでした。不謹慎に思われるかもしれませんが、これは何とものです。笑いの伝染の器量は凄いのだと思います。こういう二例に共通しているのは近しい人の笑いに「つられた」ということです。こういうことを思い出してぼんやり頭が和むのはどうしてなのだろうとおもうことには特長がありそうです。詳しくはこちら